医院ブログ-下北沢たねいち歯科医院

たねいち歯科医院

03-3413-8218

地図

〒155-0031
世田谷区北沢2-22-15
シモキタWEST 1F

医院ブログ

歯周病の予防の歯磨きの仕方!!

2019年9月26日

こんにちは!今回のブログを担当する歯科医師の忠重です。

 

今回は先月のブログでも抜歯の原因で挙がっていた歯周病について話したいと思います。

 

歯周病が進行していくと歯を支えている歯槽骨をいう骨が溶けてしまいます。

そうすると歯を支えることができなくなってしまい

歯がグラグラしてきて

最終的には抜かなくてはいけなくなってしまったり、

抜け落ちてしまうこともある病気です。

 

ここで歯周病の原因となるもののうち三つ紹介したいと思います。

 

まずはストレスです。

先月のブログでも歯ぎしり食いしばりの原因として

紹介されていましたが歯周病ともかかわってきます。

ストレスがあると体の抵抗力が弱くなったり、

生活習慣が変わり歯磨きし忘れたりしてしまうことがあります。

 

次に不適合な修復物です。

かぶせ物などはどうしても劣化してきてしまいます。

そうすると歯とかぶせ物の段差ができてしまい

そこに汚れがついてしまいます。

これは歯周病だけでなく虫歯の原因となるので

早めに新しい物に変えたほうがいいですね。

 

最後は歯石です。

歯石はプラーク(磨き残し)が唾液のカルシウムをとくっついてできます。

歯石になってしまうと歯に強くくっついてしまい

歯医者で専用の器具を使わないと取れなくなってしまいます。

歯石は細菌の固まりでその周りにも汚れがついていってしまいます。

 

残念なことに、歯周病は骨の病気で一度なるとほとんど元には戻りません。

そのため、予防して歯周病を防いだり進行を止めるのが大切となってきます。

 

予防で大切になってくるのが

定期的な検診・クリーニングで

不適合な修復物や歯石を早く見つけ新しいものに変えたり取り除くこと、

そして毎日の歯磨きです。

 

毎日する歯磨きでは主にプラーク(磨き残し)をとっていきます。

このプラークの1mg中には数億以上の細菌がいるといわれています。

それが口の中にあると考えると怖いですね。

 

そこで歯磨きで抑えておいてもらいたい磨き方を二つ紹介します。

 

一つ目は歯に対して90度に歯ブラシを当てて磨く磨き方です。

この方法は簡単にできるのでプラーク(磨き残し)を効率よく除去することができます。

二つ目は歯に対して45度に歯ブラシを当てる方法です。

これは毛先が歯肉溝(歯と歯ぐきの境目)に入れるようにして磨く方法で、

やり方が少し難しいですが歯周病の予防にとても効果的です!

どちらの方法も強く磨きすぎると歯や歯茎と傷つけてしまうので気をつけてください。

文章やイラストだけではわかりにくいと思うので、

気軽に歯科医師や歯科衛生士に聞いてくださいね!

 

今回は歯ブラシの当て方を

当院おすすめの歯ブラシで試していただきたいので

 

当院のおすすめ、ルシェロP!!

 

ピセラP(みなさんご存じピンクの箱)

より、持ち手が長いんです。

奥まで届き、またヘッドが細いので

すーっと奥まで届く★

とても気持ちのいいハブラシをプレゼント★

 

是非お試しください。

 

 

また、増税に伴い仕入れ価格も変わりますので

ハブラシ等の歯科雑貨もお値段が多少変わります。

増税前に必要なものがありましたらお買い求めください。

 

また、増税後ですが今までお問い合わせが多かった

歯科雑貨のカード支払、QR・IC決済が可能となります!!

こちらは10月1日からになりますので宜しくお願い致します。

カテゴリー:スタッフブログ

歯ぎしり・食いしばりが歯を壊す???

2019年8月22日

こんにちは
歯の治療をしていると食いしばって歯が痛くなっている歯科医師よしのぶです。
歯医者でも歯が痛くなることはあるんです、、、
歯を悪くするものでイメージするのは
虫歯と歯周病だけと思われがちですが
歯ぎしり食いしばりも侮れないものだとご存じでしょうか
抜歯の原因は
歯周病が42%
虫歯が32%
破折が11%
と報告されていますが、
この虫歯32%の中には
虫歯を治療した歯が歯ぎしりで破折した場合も含まれていますので
破折は馬鹿にできない数なんです。
歯ぎしりは健康な歯の表面を削ってしまったり(咬耗)、
エナメル質を剥がし知覚過敏を惹起したり(楔場欠損)、
顎関節にダメージを与えたり、
挙げたらキリがないほどの問題を引き起こします。
噛み合わせが深くなってほうれい線が深くなるのも代表的な特徴です。
中でも歯の破折(根の垂直破折)は
1発で感染源となり、かつ修復不能となることで
抜歯せざるを得なくなることがありとても怖いものです。
痛いので虫歯だと思うと来院した患者さんでも
まったく虫歯はなく
歯ぎしりによる知覚過敏、
周囲の痛み(咬合性外傷)だったというケースはかなりの数みられます。
目に見えたダメージがあれば修復できる場合もありますが
そうでない場合は
歯を保護するしかありません。
そこで使用するのがマウスピースです。(ラグビーの世界ではマーピーというそうです)
主に寝ている時に強い力で歯ぎしりをする方が多いので
基本は寝る時に使用します。
僕のように日中でも仕事中など、集中したときに
食いしばってしまう場合はマウスピースを付けるのが好ましいですが
喋りにくくなってしまうので話す仕事の方は悩ましいところですね、、、。
なので日中は歯を接触させないように
ひたすら心がけるようにしてもらうしかありません。
歯を接触させないコツもいくつかありますのでそれを実践してもらってます。
地方で治療経験のあるスタッフから
東京の患者さんは咬耗してる方が明らかに多くて驚いた」
と聞いたことがあります。
慌ただしい日常、満員電車、忙しい勤務など、
東京に住む皆さんは緊張やストレスから歯ぎしり食いしばりを無意識にして
歯を壊してしまっているかも知れません。
心当たりがある方は是非相談してください。
壊れる前に守れる歯があるかもしれません。
マウスピース治療は保険でできる治療です。
さて
話は変わって
お昼休みは外食をすることが多いのですが
長く働いてくるとだんだん行くお店も収束されてくるものですね。
そこで下北沢オススメランチ独断と偏見TOP3を載せたいと思います!
第3位
夢月!!
西口すぐそばのお蕎麦屋さんですね。
オススメはチーズカツ丼です!
蕎麦つゆを使った味付けは癖になります。
ぜひ。
第2位
オジヤンカフェ
またまた西口すぐそばのカフェですね。
定食系のメニューが豊富で
長く通っています。
オススメは生姜焼き定食ですが
色んな味付けを選べますので楽しめるのもまた乙。
ぜひっ。
そして栄えある第1位はーー
珉亭!!!!
遠いのに!!
週二で食べてます。足繁く通ってます。まわりに呆れられてます。
オススメは、
生姜焼き定食!(また)
いわゆるきたなシュランで
雰囲気が落ち着きます(誰でもではないと思います)。
メニュー名から料理を予想するのも面白い(ウインナー定食など)
長く愛されてきたのも納得の老舗、珉亭
皆さんも是非!!
以上、オススメランチTOP3でした!
さて今回は当院での根強い人気といえば
プロスペック 歯科用フッ素入り歯磨きペースト ミント味★
こちらをプレゼント★
ジェルタイプなので泡立たず
しっかりみがけます。
根強いファンが多く、
まとめ買いされる患者様も多くいらっしゃいます。
この機会にお試しください。

カテゴリー:スタッフブログ

磨き残し(プラーク・歯垢)をなくすことが大切

2019年7月25日

こんにちは! 今回は歯科衛生士の魚本が担当します。
梅雨が明けて暑くなりましたが、まだまだ不安定なお天気が続くようですが
皆さん体調崩されてませんか?
今日は、ワンタフトブラシについてお話ししたいと思います。
歯磨きで大切な事は何分磨いたか、
1日に何回磨いたかではなく
『磨き残し(プラーク・歯垢)をなくすこと』です。
しっかり磨いてるつもりでも、
磨き方の癖や歯並びの難しさなどで
いつも同じ場所に磨き残しが停滞してしまっている、
歯石や着色が沈着してしまっている方はたくさんいます。
そこで私がオススメしたい歯ブラシがワンタフトブラシです◎
みなさん、ワンタフトブラシと聞いてもピンと来ないのではないでしょうか?
ワンタフトブラシとは普段みなさんが使っている歯ブラシとは違い
毛束がひとつの歯ブラシの事です。
通常の歯ブラシでは届きにくいところや隙間にピッタリ当たり、
落としにくい部分の歯の汚れを効率良く落とせます。
例えば歯の裏、親知らず、奥歯、矯正治療をされている方、
歯並びが気になる方
など。
ワンタフトブラシをお手入れに加える事で
細かい部分までしっかりと磨くことができるので、
よりスッキリ!を実感して頂けると思います。
いつもの歯磨きできちんと磨けているか不安な部分も解消してくれ
便利で頼もしいアイテムです。
ブラッシング指導の際、実際に患者さんへ説明していて
磨きやすさに感激してもらえる事が多く、
「もっと早く知っていれば良かった〜〜」とお声をよく頂いてます︎
隅々までしっかり磨いて虫歯や歯周病を予防し、健康な歯を保ちましょう!
という事で!!
今月はワンタフトを抽選でプレゼント!!
まだ使った事が無い方も、
使っていたけど買い替えようと思っていた方も
この機会に使ってみてください。
LINEの登録数もものすごく増えてまいりました。
こちらの登録も宜しくお願い致します。

友だち追加

カテゴリー:スタッフブログ

歯と歯の間の汚れ・・・

2019年5月30日

こんにちは。歯科衛生士の一志です。
新元号、令和になり1ヶ月が過ぎましたが
皆様、いかがおすごしでしょうか?
だんだん暑くなってきて体調崩しやすい時期ですので、気をつけましょう!
さて今回は歯と歯の間の汚れについてのお話です。
実は歯磨きだけでは歯垢(プラーク)は60%程度しか除去できません。
歯ブラシと合わせてデンタルフロスや歯間ブラシを使う必要があるのです。
日頃、患者様にデンタルフロスや歯間ブラシを使っていますか?と質問すると、
約半数くらいの方が使っていないとおっしゃいます。
歯と歯の間は虫歯にもなりやすい場所ですし、
歯周病のリスクも高い場所です。
歯ブラシと合わせてデンタルフロスや歯間ブラシも習慣づけるようにしましょう!
デンタルフロスや歯間ブラシには色んな種類の物があります。
例えばフロスだと、
ホルダーがついている物、
糸巻きタイプの物、
ワックスのありなし、
スポンジタイプの物、など色々ありますし、
歯間ブラシでは、
L字型、ストレート型
サイズも4S〜Lサイズまでなどさまざまです。
ご自身の歯と歯の間のすき間に合わせて使いやすい物を使用しましょう。
歯間ブラシをはじめて使用する場合は小さいサイズから試して下さい。
小さいサイズでも歯間に入らない場合は、デンタルフロスでの清掃をおすすめします。
一人一人、歯のすき間や歯並びなどで使いやすい物が違うので、
1度定期検診にいらして下さい☆
その方に合ったフロスや歯間ブラシ、使い方などお教えいたします☆★
定期健診でご予約の際、
歯間ブラシのサイズも聞きたい旨、受付に伝えて下さい。
さて。今回のLINEプレゼントは
ルシェロ歯間ブラシSSSサイズです。
ルシェロの歯間ブラシは
ヘッドの向きを変えられ、より使いやすく、
またヘッドのみの交換が可能で
清潔に、手軽に使用できます。
また、通常の歯間ブラシのように短くないので
持ちやすく、滑りにくいグリップ付き!!
本体価格¥520 替えブラシ¥270 で販売しています★
これを機会に是非使ってみてください。
LINEの登録はこちらから

友だち追加

カテゴリー:院長エッセイ

歯ブラシ交換、してる?

2019年3月20日

こんにちは。歯科衛生士の吉田です。今回のブログは私が担当させていただきます。
突然ですが、みなさんは歯ブラシをどの位の頻度で新しいものに交換していますか?
お掃除に来ていただいた時にお話を伺うと、
1年くらい使っています。とか、
いつ買ったか忘れてしまった。という方もいらっしゃいます!
そもそも、歯ブラシっていつ交換したら良いの?
という質問もいただきますので、
今日は歯ブラシの交換時期についてのお話をします。
ずばり、歯ブラシの交換の目安は1ヶ月です!!
見ていただきたいポイントは歯ブラシの毛先の開き具合です。
1ヶ月ほど使い続けていくと自然と歯ブラシの毛先は開いてきます
毛先が開いてしまうと、歯ブラシではお口の汚れは6割ほどしか落とせません。
毛先が少し開いただけでも8割ほどしか汚れが落とせません。
同じ時間歯磨きをするなら、しっかりと綺麗にしたいですよね。
分かりやすいのは、毎月1日に新しい歯ブラシにして1ヶ月使っていただく、
などご自身で日にちを決めて交換をするのがいいと思います!
歯間ブラシでしたら、毛が抜けてきたり、
芯になっているワイヤーが折れたら交換の目安になります。
毛が抜けなくても乱れてきたら、清掃効果は落ちていますので、
新しいものにしたほうがいいですね!
道具は正しい使い方で効果的に使っていきましょう!
もし他に聞きたいことがありましたら、お気軽に担当ドクターや、衛生士にお尋ねください☆
それではLINE@にて
今日から
4月からの新しいハブラシ準備期間として
歯ブラシ10%OFFクーポン全員に差し上げます。
この機会に新しいハブラシに交換してみて下さい★
LINE@お友達はこちらから

友だち追加

カテゴリー:スタッフブログ

このページのトップにもどる