医院ブログ-下北沢たねいち歯科医院

たねいち歯科医院

03-3413-8218

地図

〒155-0031
世田谷区北沢2-22-15
シモキタWEST 1F

医院ブログ

■No.05■顎の関節は、複雑な動きには強いが心的ストレスには弱い?!

2014年4月11日

  人間の体には多数の関節がありますが、その中で顎(あご)の関節はとても不思議な関節です。他の関節と違い、前後にスライドできるからです。普通だと、関節窩から関節頭が飛び出せば、「関節がはずれた」とか「脱臼した」という病的な状態になってしまいます。ところが、顎の関節は、可動域の範囲では左右の関節がスライドできますから、とても複雑な動きができるのです。
 食べ物を左右で噛む時と、左側で噛むときとでは、左右の関節が全く別の動きをします。したがって、あまりにも片寄った噛みをしていると、関節や筋肉に変形が生じて顔が曲がってしまいます。人間は日常、安静にしている時は歯を噛み合わせていません。つまり下顎は宙に浮いた状態にあるはずです。その時は、歯の状態がどうであれ、歯と顎は無関係です。
 ところが、ものを食べる時は、歯の位置や形で左右の食べやすさが違ってきます。そのために、歯並びやむし歯、歯の欠損は顎と関係してきます。
 もうひとつ大切なのは、人間が眠っている時の行動です。健康な人も、睡眠中15分くらいはくいしばりがおこります。精神的な疲労、ストレスがあると、強くくいしばる傾向があり、顎の関節に大きな負担をかけることにもなります。
 20~30年前は、顎関節症という病気は一般的ではありませんでしたが、噛み合わせの悪い人が増えているとともに、ストレス社会の中で生活する結果、顎関節に問題を抱える人も大変多くなっています。ちなみに私も顎関節症です。自分で自分の治療を行っているのです。

カテゴリー:院長エッセイ

■No.04■歯の場合、審美回復は健康回復に通じる

2014年4月11日

  多くの人々が美に対する憧れをもっています。近年は美容整形の延長として、シミとり、シワとりも一般的に行われるようになりましたし、審美歯科という分野にも関心が高まってまいりました。
 確かに、歯並びは悪いより良いほうがキレイですし、歯は白いほうがキレイに見えます。
 このように美に対する関心が高まった原因は、日本人の健康に対する関心と比例しているように思います。
 肌は、シワやシミがあって健康とは言えませんし、歯もむし歯で真っ黒では健康ではありません。逆に、健康な状態を保つには、噛み合わせや歯並び、そして手入れの行き届いたイレイな歯が必要となります。
 このように、肉体においても精神においても美と健康は密接な関係があることは間違いありません。自分の身体部分に気に入らないところがあり、コンプレックスを感じていては、精神的にも健康ではいられません。
 もちろん、あまり気にしすぎるのもよくありませんし、多少の身体的特徴にコンプレックスを感じる必要はないのですが、歯に関しては審美的に良好でない場合、ほとんとが健康の面でも良好ではないのです。
 歯の場合は、目的が審美回復となる場合が多いので、自分でも少し気になる時は、歯科医に相談されると良いと思います。

カテゴリー:院長エッセイ

■No.03■むし歯に無縁の野生動物から、人間のQOLについて考える。

2014年4月11日

  近年QOL(クオリティ・オブ・ライフ 生活の質、人生の質)の向上ということがよく言われるようになりました。確かに、文明の進歩と共に、お金をかければ快適な生活が簡単に手に入る社会になってまいりました。しかしよく考え直してみて下さい。地球上のすべての動物の中で文明を作り出したのは人類だけですが、その文明の中で生きている人間だけが、努力しなければ自分の健康を維持できないのです。
 簡単に言えば、野生のライオンやサルは、歯を磨かなくてもムシ歯や歯槽膿漏にはなりません。中には過保護に育てられているペットの犬や猫に歯槽膿漏が見られますが、それは人間が作り出したものです。野生オオカミの歯槽膿漏は聞いたことがありません。人間は寒い時期に暖房や衣類がなければ風邪をひきますが、野生動物には必要ありません。つまり。人間だけが何らかの努力が必要なのです。
 もう一つ、人間の特殊性があります。それは、人間には知性もありますが、自分でコントロール出来ないほどの感情もあるということです。
 たとえばほとんどすべての人間が、健康でありたいと願い、健康の有り難さをしっていながら、自分の体に悪いことを平気でやりますし、予防のために必要なことはやりたがりません。バランスの取れた栄養や適度な運動、そして、食後や寝る前の歯磨き等、健康のために絶対必要なことは万人が知っていながら、すべてに気を配っている人の少なさは皆さんの周りをみてもよくお分かりでしょう。
 文明の進歩の中で生活し、快適な人生を送りたければ、自分の健康維持のためには努力が必要です。そしてそのためには、残念ながら時間とお金も必要になります。豊かな食生活を送れば送るほど、口の中の管理は必要になります。QOLの向上を望むならばそれに見合う努力も必要なことを忘れてはいけません。それができて初めて真の文明人と言えるのではないでしょうか。

カテゴリー:院長エッセイ

■No.02■歯科予防という考え方について

2014年4月11日

  人間にとって最も大切なものは健康といえるかも知れません。逆を考えると最も有難くないのが病気と言えるでしょう。病気は数え切れないほどたくさんありますが、その中には今だに原因不明のものもあります。しかし、科学の進歩の結果、その原因が明らかになった病気や、治療法が確立された病気がたくさんあります。
 本当は原因が明らかになった病気は予防されるべきなのですが、残念ながら、個人個人の努力が必要なため、予防しきれないのが現実です。たとえばお酒は飲み過ぎないようにとか、たばこは体に悪いとか、食べすぎや不摂生に気をつけましょう、とか、誰もが知っている事でも、それをきちんと守れないのが人間です。
 しかし、むし歯や歯槽膿漏の予防は、そんなに大変な事をしなくてもできるはずです。歯は高齢になった時に、自分の健康維持のためにものすごく大切です。内臓の健康のため、ボケ防止のため、老人は歯が命です。
 野生動物は歯を失うことは死を意味します。人間が健康に生きるためには歯の役割は大変大きなものです。どんなに医学が進歩しても、自分の健康な歯に優る材料は存在しません。大切な自分の歯を守るため、キシリトールやフッ素、PMTCに対する知識を身につけ、健康を自分で守れる文化的な社会をめざしましょう。

カテゴリー:院長エッセイ

■No.01■エッセイを書くにあたって…

2014年4月11日

一般的な概念として、自分が病気になった時受診しなければならない診療科として、嫌いな順位をつけるとしたら、歯科はかなり高い位置にランクされてしまいます。私自身も歯科の治療を受けるのは好きではありません。しかし、歯科の知識や情報を少しでも多く知ることによって、また病気や治療の内容を理解することによって、その恐怖心はかなり軽減することができます。
そして、このようなささやかなことで皆様のお役に立てればと考えておりますのでご意見・ご要望等ございましたらよろしくお願い致します。

カテゴリー:院長エッセイ

このページのトップにもどる